京都嵐山の紅葉2018!おすすめ観光スポット、トロッコ列車情報など

京都嵐山の紅葉2018!おすすめ観光スポット、トロッコ列車情報など

日本一の紅葉の観光地、嵐山。

平安時代、貴族の別荘地だったところで、庶民からしたら特殊な場所。

以来、時代と共に観光地として日本全国に広まった。

毎年、紅葉と桜の季節になると多くの人出でごった返します。

それだけ支持層が厚く常連さんも多いということですね。

今年の紅葉も絶好調の予感。

そんな嵐山の紅葉の見頃は毎年11月中旬~12月上旬

せっかくの嵐山なので是非堪能していただきたいです。

ここでは主な観光スポットをご紹介します。

スポンサーリンク

嵐山の紅葉のおすすめスポット!

絶景!渡月橋

必須中の必須、渡月橋。

ありきたりな紹介ですが、嵐山紅葉の紹介でここを外すわけにはいきません。

渡月橋、何ともこのロマンチックな橋の名は平安時代のとある僧が、夜空に浮かぶ月が橋を渡っているように見えた、というのが由来だそうです。

渡月橋は桂川の両岸を結ぶ橋で、観光名所と同時に重要な交通路となっています。この近辺に渡月橋以外に川を渡る橋は2Km先の松尾橋しかありません。

いかに重要な橋か分かりますね。

渡月橋と嵐山の風景は、雄大さの中に風流な趣を感じられる至高の日本美です。

渡月橋は観光客が最も集中するところなので、十分お気を付けてお楽しみください。

ライトアップも開催予定です。

ライトアップ「花灯路2018」では渡月橋だけでなく、その周辺も含めて日本の原風景をライトアップで飾ります。もの凄く綺麗なので是非足を運んでください。

期間:12月8日(土)~17日(月)

時間:17:00~20:30

詳しくは公式HPにて。

常寂光寺(じょうじゃっこうじ)

ここから嵐山と嵯峨野を一望できます。

イロハモミジ、オオモミジがとても鮮やかです。

ライトアップはさらに神秘的な様相を見せ、異空間にすら感じます。

敷地内には重要文化財の多宝塔がそびえており上品な趣があります。

(こんなガラガラではありません)

時間 9:00~17:00 (受付16:30まで)

料金:大人400円 / 小人200円

詳しくは公式HP

宝厳院(ほうごんいん)

宝厳院は応仁の乱(1467年)の時に焼失されたが1573年に再興されている。

ここでは200本以上のカエデが庭園を鮮やかな紅葉にします。

「獅子吼(ししく)の庭」とよばれるこの名庭園は、嵐山を借景にした回遊式山水庭園。

春の新緑、秋の紅葉として有名です。

時間 9:00~17:00 (受付16:30まで)

料金:大人500円 / 小人300円

ライトアップ時間 17:30~20:30

料金:大人600円 / 小人300円

詳しくは公式HP

スポンサーリンク

天龍寺

京都五山の第1位の天龍寺。

1339年、足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うために建てたという。

見事な紅葉ですね。

この曹源池(そうげんち)庭園は池泉回遊式でカラフルな紅葉がくっきりしており、水面にも紅葉が反映したその光景も見事。

時間 8:30~17:00

料金:大人500円 / 小人300円

詳しくは公式HP

大覚寺(だいかくじ)

この寺の境内は時代劇の映画、テレビの撮影によく使用されることから分かるようにとても風情のあるところです。

この大沢池の周りは650本の紅葉や桜があり、ハスも自生するほど美しい池。

水面に映し出された大覚寺と紅葉は更に美しさを増します。

時間 9:00~17:00(受付終了16:30)

料金:大人500円 / 小人300円

詳しくは公式HP

トロッコ列車に乗ろう!

嵐山に来たらトロッコ列車は是非乗っていただきたいところです。

トロッコ列車を運行しているのは嵯峨野観光鉄道です。

1991年から廃線となった路線を利用して観光鉄道としてトロッコ列車を運行しています。以来、そのレトロで景観を損ねない姿に多くの観光客に愛され、嵐山の観光に無くてはならない存在となっています。

トロッコ嵯峨駅からトロッコ亀岡駅まで7.3kmを結ぶ線路で、保津川の渓谷を走ります。そのロケーションは迫力満点。

途中の鉄橋は絶景ポイント。一時停止してくれますのでその圧巻の眺めを堪能できます。

運行時間 8:30~17:00

ライトアップは16:30~ラストまで。

料金:片道620円

紅葉シーズンは臨時列車もあります。

詳しくは公式HP

まとめ

京都の紅葉はとても美しいですね。桜もそうですが、京都は季節を楽しむに持って来いのところです。ていうか、京都はいつ行ってもワクワクします。

ただ難点なのは京都は渋滞しやすいところ。

この日本一の観光地は海外からの観光客も多いため、余計にバスや車が多く走ります。

車で行かれる方は交通事故の無いよう、くれぐれも安全運転でお願いします。

ハイシーズンは車よりもバスツアーをおすすめします。

観光バスなら寝れますし、渋滞も大して気になりません。駐車場もバス専用なので一般車みたく駐車場待ちすることありません。スーッと入っていきます。

日帰りなら安いし安全。言うことなしです。

電車もおすすめですが、基本的によく歩く事になります。

ウォーキングだと思えば健康に良いですね。

関連記事

京都の紅葉2018!見頃時期、おすすめスポット一覧、ライトアップ情報

香嵐渓の紅葉2018!見頃、駐車場情報、渋滞、ライトアップなど

スポンサーリンク

シェアする

error: Content is protected !!