伊那スキーリゾートは優良ファミリーゲレンデだった

伊那スキーリゾートは優良ファミリーゲレンデだった

今回は、伊那スキーリゾートへ行ってきました。

ここは、先週行った駒ヶ根高原スキー場から車で20分ほど北上した場所にあります。

スキー場の規模やコンセプトも、駒ヶ根高原スキー場と同じようなファミリーゲレンデです。

2週連続でスキー場に行くのはどうかと思いましたが、来週は3連休となるため、人混みが予想されるので避けました。

そして、長男の空手大会まで1ヶ月を切るため、そっちに専念してもらいたいということで2週連続のスキーとなってしまいました。

もしかしたら、今シーズンのスキーはこれで最後になるかもしれません。

関連記事

→ 駒ヶ根高原スキー場は子連れと初心者に最適なゲレンデだった

長男以外は初めて来たスキー場です。

長男は去年12月に、このスキー場でスキーデビューしました。

なので、2度目となります。

そういう意味でも、僕は少し興味のあったスキー場です。

・・・ほほう、ボウズはここに来たのか。

長男にとっては凱旋スキーというところでしょうか。

今回のスキーシリーズ第四段は、この伊那スキーリゾートでの奮闘記。

(・・・奮闘したのは長男ではなく、ワタクシめにございます)

初の親子相乗りリフト、長男とのシュプールを達成すべく、15年振りにスノーボード解禁です。

スポンサーリンク

伊那スキーリゾートは優良ファミリーゲレンデだった

伊那スキーリゾートはこんなところ

ここのゲレンデは広くはないが、ファミリー向けに重点を置いたスキー場だけに、子連れにはうってつけのスキー場だと言えます。

伊那スキーリゾート

コンセプト的には駒ヶ根高原スキー場と似たようなものですが、より充実した施設とサービスが揃っていました。

  • 土日祝のレストランはバイキング形式での食事方法も選択可能
  • パフェ、綿あめを自分で作ることができる
  • クレープ屋も併設されている
  • 館内にキッズルーム有り
  • キッズパークはただのそりだけでなく、ハンドル付きそり、さらにはスノーストライダーまで準備されている
  • 子供が好きなトランポリンもある

ここは、リフト券などのチケットはネットで事前購入できます。

カード決済できるのでとても助かります。

購入するとQRコードが発行されるので、それをスマホに表示させてチケット売り場に見せれば、引き換えにチケットを受け取るだけ。

ネット購入できるチケットの種類は下記の5種類。

  1. リフト大人1日券(税込13000円)
  2. リフト大人1日4枚セット券(税込3800円)
  3. リフト子ども1日券(税込1900円)
  4. 得々パック大人1日券(税込4300円)
  5. 得々パック子ども1日券(税込2300円)

2以外は、レンタルセットが300円割引されます。

レンタルするならネットで購入すべきです。

得々パックとは、場内利用券1000円分が付いているもので、主に食事で使うことになるでしょう。

バイキング形式で活用する場合、プラス500円を現金で払う必要があります。

このスキー場の魅力はこれだけではありません。

レストランの一区画は無料休憩所になっているので、いつでも誰でも遠慮なく利用できます。

これは付き添いで来ている幼児連れの奥さんやご老人にはありがたい施設です。

さらに、この無料休憩所の場所がとても気が利いていて、滑り降りてきた麓の真ん前にあるので、ガラス越しで目で追うことができるし、滑り降りてきた人もすぐに休憩できるこの近さはかなり好都合です。

とまあ、わりと至れり尽くせり工夫されたサービスが提供されているわけなのです。

到着~レンタル~スクール受付まで

9:00。快晴の伊那。

この時間はゲレンデから近い駐車場に停めることができました。

それにしても、眺めが素晴らしい。

目の前に広がるアルプス山脈と伊那の土地。

この景観だけでも来る価値ありです。夏の景観も見てみたい。

まずは、地下にあるチケット売り場でスマホのQRコードを見せて、チケットと交換します。

前述しましたが、事前にネットで得々パックを購入していたので、この辺の段取りはスムーズです。

次に、あそこのレンタルハウスで長男のスキーセットを借ります。

そして、僕はスノーボードセットを借ります。

いずれも得々パックのおかげで、300円オフで借りれる。

そう、15年振りにスノーボードをするハメになりました。

理由は、長男が一人でリフトに乗れるようになったためです。

具体的には下記の理由です。

  • 一人で滑れるようになったボウズが、山頂からどんな滑りをするのか見たい
  • 前回、一緒に行こうと言われた時、親として、男としてそれが叶えられなかったのが悔しかった
  • スキーレベルがどうこうというより、赤ん坊だったあのボウズが・・・成長した姿をもっと身近で感じたい

僕には一緒に同行して滑り降りる手段がスノーボードしかありません。

まさか再びスノーボードをすることになろうとは・・・人生分からないもんです。

長男にスキーを何回も経験させたのは僕だけど、実はあまり深く考えていませんでした。

一緒にリフトに乗るなんて、全く想定していませんでした。(汗)

レンタルハウスとは真逆の位置にあるスクール受付へ行き、手続きを済ませる。

ここのスクールも前回の駒ヶ根高原スキー場と同じく、中ア山麓スキー学校が運営している。

とても好印象だったスクールです。

次男は毎度のキッズパークでそりですが、一刻も早くやりたいらしく、カミさんと行ってしまいました。

なので、僕は長男のスクールの集合場所で時間になるまで付き合います。

そして、スクールが始まると同時に僕は忽然と姿を消します。

そう、山頂でスノーボードの自主練をしたいためリフトに乗るからです。

左膝を故障しているためサポーターを付けます。

付けないよりは幾分かマシですが、リフトに向かう際のボードを引きずる動作はやや痛みが生じる。

んが、これぐらいは我慢。

関連記事

→ 左膝の痛み戦記① 半月板損傷?ただの炎症?ランニングの危機!

→ 左膝の痛み戦記② その正体~半月板損傷ではなかった??

今回は次男のそりに付き合う気はゼロです。

長男のスクール中にスノーボードをまともに滑れるよう、勘を取り戻すことに全力を注ぎます。(本気)

スポンサーリンク

意外とイけたスノーボード

久しぶりのリフト。久しぶりのこんなような眺め。

正直、リフトを降りる時、コケるかもと不安でしたが無事に来れました。(笑)

さて、ここからが本番。どこまで体が覚えているかな・・・?

結論的には意外と大丈夫だった。

重心の動かし方、曲がる、止まるなど、基本的なところは一発でこなせた。

ただし、レギュラースタイルのみ。

スイッチ(逆向きスタイル)ではすぐにコケる。(汗)

まあいいや。。。

長男と一緒に滑ること自体はできそうだし。

ちなみに、ワンエイティもムリだったし、それどころかオーリーすらまともに高さが出ない。(汗)

この辺になると、もっと滑り込まないと到底取り戻せない。

あと、このゲレンデは傾斜角が緩いから滑れたという感じ。

今の僕では大きいスキー場の上級者コースとなると、たぶん怖くてスピードに対応できないでしょう。

ブランクもそうだが、身体的な能力も15年でずいぶん落ちた。

あの頃と違って体重も増えたし、腰椎ヘルニア持ちにもなった。

精神的な面でも冒険ができず、骨折でもしようものなら通勤や私生活の不便さを考えてしまう。(汗)

そもそも、今は左膝が故障しているので、これ以上の悪化はホント勘弁。

一本滑っただけで、ももたの筋肉がパンパン。

あちこち筋肉が悲鳴をあげています。(汗)

普段、使わない筋肉を使ったもんでしゃあないか。。。

あまり酷使すると、私生活に支障が出そうなのでほどほどにしときます。

無難に無難に・・・。

今日のところはそんな保守的な過ごし方で。(笑)

ホント、歳は取りたくない。

親子初リフト&いっしょに滑る

昼食を終えた後、ついに達成した親子相乗り初リフト。

たかがリフトだけど、妙にじ~んときました。

かつて、いろんな奴とリフトに乗ったけど、自分の息子と乗る、というのはどこか格別です。

なんか上手く伝えられないけど、一言で言えば嬉しい。

山頂にて。

さて、見せてもらおうか、お前の実力と成長を。

軽快に滑る長男。

まだボーゲンだが、方向とスピードをうまくコントロールしている方だと思った。

今はブルークボーゲンを身につけようとしている段階。

残念ながら、まっすぐ滑っている時でも板がハの字になってしまっている。

来シーズンに期待しよう。

とりあえず、息子と一緒に滑れた事に喜びを感じたひと時でした。

休憩とキッズパーク

スキーを一本滑った後、休憩することに。

どうやら、ちょっと疲れたらしい。

30分休憩した後、キッズパークで遊びたいとの申し出。

そりで遊ぶボウズら。

さらにスノーストライダーも。

初めて見たが、これは楽しそうだ。(笑)

その後、もう一本、長男とゲレンデを滑って終了となりました。

まとめ

今までで一番思い出になったスキー場と言っても過言ではありません。

長男にとっては凱旋スキーでしたが、僕にとってはスノーボード再起の記念日。

スキー場で初の親子競演。

スノーボードの楽しさも久々に込み上げてきました。

長男の付き合い程度ではありますが、また一緒に滑ることになるでしょう。

一人でスノーボード練習中、長男のスクールレッスンを遠目に見学するが、教え方がとても上手で丁寧なインストラクターだという印象を受けた。

今回もレッスン終了後にワンポイントアドバイスもいただけた。

長男がある程度上達するまで、このスクールにお世話になりたい。

ここか、駒ヶ根高原スキー場をホームグラウンドとしよう。

小さいスキー場ですが、比較的空いてました。

ゴミゴミしていないスキー場はやっぱり良い。

昼食もバイキングにしましたが、メニューもスキー場にしては豊富な方で、特に不満はありませんでした。

アイスクリームも綿あめもセルフサービスなので、子供はこぞってやりたがります。

楽しそうで何より。

ただ、バイキングだとついつい食べ過ぎてしまうので、午後から本気で滑る場合は体が重くなるのでご注意。

来シーズンも必ず来ます!

関連記事

→ 駒ヶ根高原スキー場は子連れと初心者に最適なゲレンデだった

→ 奥伊吹スキー場へ行ったら人出が凄かった

→ スタッドレスタイヤで行く福井・大江戸温泉物語泊まり・スキージャム勝山と恐竜博物館

スポンサーリンク

シェアする

error: Content is protected !!