腰椎椎間板ヘルニア戦記④ 空手とぎっくり腰

腰椎椎間板ヘルニア戦記④ 空手とぎっくり腰

ヘルニア発症から1年が経過し、ロードバイクに乗れるまで回復した。

前回

→ 腰椎椎間板ヘルニア戦記③ 腰痛との闘い

現状、僕ができることは主にロードバイク、ウォーキング、腰痛ストレッチぐらいである。

これだけではあるが、ヘルニア発症時と比べれば大きな進歩です。

一応、時間の経過と共に、腰も調子を上げてきているのが分かる。

とてもスローリー。

ヘルニアともなれば回復は年単位なんでしょうかね。

スポンサーリンク

空手とぎっくり腰

【2011年9月】空手体験をやってみた

ヘルニア発症から1年半。

基本的には腰痛がつきまとう生活ではあるが、調子の良い日も増えた。

いや、というか腰痛に慣れただけなのかもしれない。

もはや、僕の調子の良いというのは、腰痛が酷くないという意味で、基本的には毎日、腰に何か煩わしさを感じています。

普通の人からしたら、それのどこが調子が良いのか?と、理解し難い感覚でしょう。

とにかく、今は腰痛に苛まれていないので調子が良いんです。(苦笑)

そこで、次なる挑戦、というか探りは空手です。

僕は、昔から格闘技を習いたいという気持ちがありました。

しかし、社会人になって定期的な習い事をするというのは、諸々の都合があってなかなか難しいところがあります。

僕の場合は無論、腰が最大の不安材料です。

そこで、無料体験入門をすることにしました。

近所のスポーツセンターで、定期的に空手教室が開かれています。

この空手の流派は聞いたことないですが、僕にとって流派はどうでもよかった。

単純に、突きや蹴り、体捌きのテクニックを学べればそれで良し。

体験入門の申し込みの時に知ったが、どうやらここは寸止めではなくフルコンタクトとの事。

練習はミットに突いたり蹴ったりとするのが当たり前のようです。

基本的な突き方、蹴り方を一通り聞いて、本気でミットに当ててみた。

爽快!

これはストレス発散にもなるな。(笑)

教えてくれた人たちも気さくで感じは良かった。

その日の無料体験は楽しい気持ちで終えた。

今日の体験による腰への影響が何も無ければ入門するつもりでした。

【2011年10月】ぎっくり腰

あの空手体験の翌日に、腰とふくらはぎに冷感にも似たしびれが発生。(汗)

それが3日ほど続いた。

職場にて、今日はなんだか椅子に腰掛ける度に腰にピキピキした痛みが走っていた。

油が切れた可動部のようにギクシャクした腰である。

そして午後、椅子に座ろうとした瞬間、ビキッ!ときた。

ぎっくり腰発生!

ぎゃああー!痛い!!

ぎっくり腰を体験したことがある人には分かるでしょう、あの魔女の一撃!

こうなると、動いていようがいまいが、四六時中、腰が痛くて何もできません。(汗)

原因は言うまでもなく、あの空手体験。

ミットへ打ち込んだキックやパンチの衝撃は、そのまま腰へダイレクトに反動がきた。

かなり腰を入れて思いっきり打ち込んだので、腰への負担も相当だったんでしょう。

腰の調子が良いときを選んでの空手体験だったが、ヘルニアはヘルニア。

甘くみてました。

打撃系はランニングよりも危ないという事を知りました。

ぎっくり腰になると、一歩足を動かしただけで腰に激痛がはしる。

こうなると、もはや一人ではどうにもならず、同僚たちに介抱されて自宅に送還。

治るまで会社を休むと告げる。

痛みがひくまでしばらく安静にしたいが、実はこの時、家はカミさん不在期間です。

2ヶ月前に長男出産につき里帰り中。

この状態で身の回りの世話をやいてくれる人が一人も居ないのはかなりキツイ。(汗)

というわけで、その間、僕もカミさんの実家に厄介になることに。。。

スポンサーリンク

保守的になる

カミさんの実家で世話になること3日目、ようやく歩けるようになったので帰宅します。

一応、整形外科で診てもらったが、湿布をもらって安静に過ごすだけである。

それにしても、まさかのぎっくり腰。

こうなると、残念だが空手の入門は諦めるしかない。

だが、まあ、入門前に知ることができて良かったかも。

ランニングも奪われ、道場通いの夢も潰えた。。。

今は特に、腰の調子が不安定なので、しばらくウォーキング、ロードバイク、腰痛ストレッチも封印することにした。

・・・ヘルニアになる前の、何不自由なく体が動いたあの頃にはもう戻れないのだろうか。。。

健康の有難さは、こういう状況になって改めて気付く。

もう遅いけど。

子供が生まれた以上、自分の都合だけで腰を悪くすることはできない。

これから子育てに手がかかるし、人並みに父親として接してあげたい。

腰が悪くて遊びに連れていってやれないでは情けない限りである。

ぎっくり腰なんて二度と御免。

よって、いろいろ試すのはもうやめにしました。

しばらく運動は一切せず、おとなしく過ごす事を決意する。

【2012年2月】ウォーキング、ロードバイク再始動

あのぎっくり腰から4ヶ月後、ウォーキングを再開した。

ロードバイクも5kmほど試しに乗ってみたが問題なし。

体を動かさな過ぎるのも問題があるので。(苦笑)

まあようやく、ぎっくり腰になる前の状態に戻れたっぽい。

ただし、無理は禁物。

運動というほどではないレベルで体を動かす。

ストレッチもほどほどです。

いまだにぎっくり腰を恐れています。(汗)

ヘルニアでなければ、ぎっくり腰にここまで恐怖は抱きません。

ヘルニアはぎっくり腰になりやすいのでは?と、勝手にネガティブに思ってしまっています。

まあ、日に日に回復に向かっているところをみると、僕の細胞は腰としての機能を取り戻そうとしているみたいなので、まだ希望はありそうです。

関連記事

→ 腰椎椎間板ヘルニア戦記⑤マイベスト接骨院

→ 腰椎椎間板ヘルニア戦記③ 腰痛との闘い

腰椎椎間板ヘルニア戦記② ヘルニア発症

腰椎椎間板ヘルニア戦記① ランニング

スポンサーリンク

シェアする

error: Content is protected !!