志摩スペイン村へ行ってきた①ホテルからパルケ・エスパーニャへ(午前の部)

志摩スペイン村へ行ってきた①ホテルからパルケ・エスパーニャへ(午前の部)

子連れで志摩スペイン村に行ってきました。

7月26日(木)・27日(金)一泊二日。

平日なので有給休暇を二日取っての旅行です。

宿泊は「ホテル志摩スペイン村」なので、パルケ・エスパーニャへは徒歩5分の距離です。

ちなみにパルケは「公園」、エスパーニャは「スペイン」の意味。

直訳すると「スペイン公園」という名の遊園地ですかね。

旅行はいつも楽天トラベルからネット予約しますが、今回は近畿日本ツーリスト旅行代理店の窓口から予約しました。

意外だったのが、パルケ・エスパーニャの専門情報誌が無い。

「るるぶ三重」とかに1~2ページ載っている程度。

情報が少なすぎるような。。。

そんなの無くてもパルケ・エスパーニャに関しては不要ということかな?

雑誌よりもネットの方が詳しいので、そちらで軽く予習することに。

志摩スペイン村の開業時、CMを見て、行ってみたいと思いながらも今日まで行かず終い。

満を持してのデビューは子連れのおっさんになってました。(汗)

ま、逆にその方が広い視野で楽しめそうですが。

なんだかんだ言っても、中部・関西圏の人はたいてい一度は行っているので僕もようやくその一員になれそうです。

スポンサーリンク

志摩スペイン村/パルケ・エスパーニャへ行こう!

志摩スペイン村とは

テーマパーク「パルケ・エスパーニャ」を中心にホテル、天然温泉を含めた複合リゾートの事です。

開発は近畿日本鉄道。

現在の管理は近鉄レジャーサービスが行っている。

面積113ha、東京ドーム24個分というからハンパ無い広さです。

1994年の開業時は大きな反響を呼んだが翌年以降、来場者数と売り上げは全体的に減少傾向。

体験談もあまり芳しくないコメントが多いが、それとは裏腹に根強いファンも多く、賛否両論が極端なテーマパークと言えるでしょう。

アクセス・営業時間

志摩スペイン村:三重県 志摩市磯部町坂崎字下山952−4

交通アクセス

詳しくは公式HPを参照 →志摩スペイン村 交通アクセス

僕は自動車で行きました。なかなか遠い。(汗)

公式HPには、第二伊勢道路の「鳥羽南・白木IC」で降りて、そこから国道167号線で20分と謳ってますが、僕は伊勢自動車道「伊勢西IC」で降りて県道32号線で行きました。

どちらで行っても所要時間に大差ありません。

ただ、後者はうねうねした道なので、車酔いしやすい人は止めておいた方が良いでしょう。

営業時間

公式HPの営業カレンダーを参照 →志摩スペイン村 営業カレンダー

通常の平日は9:30~17:30だが、夏季は18:00まで営業

土日は20:30までナイター営業もしています。

しかも花火も打ち上げるとの事。

今回は平日に行ったので見れませんでした。

ホテル志摩スペイン村からパルケ・エスパーニャへ入場

ホテルに朝10時ちょい前ぐらいに到着。

ホテル志摩スペイン村

すぐにパルケ・エスパーニャで遊びたいところですが、まずはホテルで事務手続きをします。

ここで駐車場や入場など一通りの説明を受け、各種チケットも受け取ります。

まだ部屋には入れないけど、荷物は遊び終わるまでフロントが預かってくれます。

なんだかんだと30分ぐらい時間かかっちゃいました。

ホテル1Fロビーから専用通路でパルケ・エスパーニャへ直結しています。

徒歩5分で入場。

来た来た!カラフルな遊園地です。初めてのパルケ・エスパーニャ!

ここはフィエスタ広場

ホテルから入場するとここからスタートとなります。

さすが平日の午前中。ガラガラです。

さあ、空いているうちにアトラクションを楽しむぞ。

パルケ・エスパーニャで遊ぶ!(午前の部)

パルケ・エスパーニャにはたくさんのアトラクションがあります。

乗り物だけでなく、ショーやトリックアートなど、見て聞いて触って体験するものを総称してアトラクションと呼びます。

今日はこの広い園内を一通りぐるりと回りたいので、アトラクションは飛ばし飛ばしで進みます。

パルケ・エスパーニャ園内マップ

フィエスタ広場

キディモンセラー

キディモンセラー

子供向けのジェットコースターです。

身長制限:90cm

・・・実はワタクシ、絶叫系は大の苦手。

しかしこのジェットコースターは大丈夫。

僕でも全然平気なジェットコースターです。

このジェットコースターなら子供の様子を見ながら楽しむ余裕があります。

長男(6歳)は余裕だったが、次男(4歳)は恐いのかずっと下を向いていた。

ガウディカルーセル

ガウディカルーセル

遊園地ではテッパンのメリーゴーランドです。

メリーゴーランド自体、僕には何が楽しいのか分かりませんが、ボウズらはどこの遊園地でも行くと必ずチョイスします。

もっと他のを制覇して時間が余ったらこれに乗るなら分かるが、いきなりこれって。。。(汗)

ま、これは大人の思考ですね。(笑)

カルメン通り

ロストレジェンド広場の入り口だが、今日明日は稼動していないとの事。

このモニュメントが何かを期待させてくれるだけに残念。

しょうがないから素通りです。

くるみわり人形

くるみわり人形

ライドに乗って、人形とネズミのおとぎ話を光と音楽で楽しみます。

このライドに乗れば自動的に進んでいき、紙芝居のようにストーリーが進んでいきます。

遊園地にはよくあるタイプのアトラクションですが、ストーリーにナレーションが無いのがちょっと寂しいかな。

僕としてはあったほうが良いのでは?と思いました。

最後の方で自動的に写真撮影されます。

カメラに向かってイエーイ!を忘れないように。

もちろん販売もしてます。

スポンサーリンク

サンタクルス通り

3Dトリックツアー(コシーナ)

3Dトリックツアー(コシーナ)

このテの大きなイラスト壁画は園内に3箇所あります。

おもしろい写真を撮るには絶好のポイントです。

ここはキッチンがテーマみたいです。

スペインの街並みが再現されている

どこか地中海に面した街並みです。

とても凝っていますね。家だけでなく石畳までリアルです。

それぞれの家は店です。雑貨店、ちょっとしたゲーム店、教会などなど。

軽く店を覗きながら先を進みます。

チャプチャプラグーン

チャプチャプラグーン

フリースペースの水遊び場です。

このために子供達の水着を持参してきました。

噴水と戯れたい子供にはうってつけです。

大人も日陰で休憩できるので助かります。

海賊船の中もかなり凝っていて映画のセットみたいだった。

ドンキ・ホーテ冒険の旅

ドンキ・ホーテ冒険の旅

この船に乗ってスペイン村のキャラクターを描いた光のアートを楽しみます。

さっきの「くるみわり人形」と同様、ライドに乗って鑑賞する系です。

子供はそれなりに楽しんでいますが、大人はちょっとしたリラックスタイムです。

ちょっと一息

日中はさすがに暑いので体を冷却します。

園内は所々に売店があるので、ソフトクリーム、カキ氷、茶、ジュースに困ることはありません。

ソフトクリームは370円。

カキ氷は400円。シロップは自分で好きなものを自由にかけて良し。

コロンブス広場

チョッキーの不思議な館

チョッキーの不思議な館

目の錯覚を引き起こす仕掛けが所々に仕掛けられている不思議な館。

これはなかなか面白いと感じましたがボリュームがやや少ない。

あっという間に終えてしまった。

もっと通路を長くして、もっといろんな仕掛けを見せてほしいと思いました。

フェリスクルーズ

フェリスクルーズ

川を小船で周遊するちょっとしたクルージングです。

船に乗ってスペインの景色を楽しみます。

滝に突っ込むー!

通過の際は水が止まることが分かってます。

が、ちょっと不安になります。

思わず伏せる長男。(笑)

3Dトリックツアー(コロン)

3Dトリックツアー(コロン)

ここのトリックツアーは航海がテーマです。

ここも迫力ありますね。(左足が空中に浮いてしまった。)

楽しめるのはアトラクションだけではない

道中、洞窟に見せかけた長い階段(エスカレーター)を上る。

綺麗なイルミネーションとリアルなハリボテを巧く起用しています。

階段を上がりきると景色がすばらしい。

日本の山風景なのに、どこかヨーロッパの山風景を彷彿させます。

随所に観客の気持ちを萎えさせない運営側の気合みたいなものを感じます。

ここは14:30からキャラクターショーが開催されるので後で戻ってきます。

なかなかアーティスティックなステージです。

今はとりあえず通過。

エンバシーホールの前を通過。

今日は特に何も催されていなかったのでここも通過します。

建物も景色もとても凝っています。

マヨール広場

マヨール広場へ到着。

この先のシベレス広場で午後からパレードが行われます。

パレードはパルケ・エスパーニャの顔とも言えるイベントなのでこれを見逃すわけにはいきません。

あと15分もすれば始まるので昼飯はちょっとお預け。

腹減ったとピーピーうるさいボウズらの声はピシャっと却下。

つづき

志摩スペイン村へ行ってきた②パルケ・エスパーニャ(午後の部)

スポンサーリンク

シェアする

error: Content is protected !!