江戸川区花火大会2018!打上げ数や内容、穴場、屋台を解説

江戸川区花火大会2018!打上げ数や内容、穴場、屋台を解説

2018年8月4日(土)

江戸川区花火大会の開催日です。

別名「エキサイティング花火」と呼ばれる豪華な花火は必見です。

開催時間:19:15~20:30

場所:江戸川河川敷(都立篠崎公園先)

大会内容と穴場スポット、屋台についての解説です。

関連記事

江戸川区花火大会2018!時間、混雑ぶりと交通手段を解説

スポンサーリンク

ド迫力の花火

江戸川区花火大会は打ち上げ総数14000発

人出は毎年140万人ぐらいです。

2018年の八つのテーマの花火

19:15 1000発もの花火が5秒間で一気に炸裂!

19:25 富士山をモチーフにした花火

19:35 夏をイメージしたパステルカラーの花火

19:45 無差別に打ちあがる「CRASH×CRASH!」

19:55 ミツバチをイメージした花火

20:05 神秘的な紫色の花火

20:15 黄色から色が変化する「イエローマジック」

20:25 花火のシャワー

BGM付きの花火で気分も盛り上がります!

江戸川区花火大会ならではの独自性があります。

スポンサーリンク

有料席もある

「千葉県市川市民納涼花火大会」と合同で開催されるため、市川市側には有料席があります。

桟敷席(1マス4名)18,000円

スロープ席(1シート2名)10,000円

イス席(1席単位)6,000円

比較的空いている穴場スポット

篠崎ポニーランドあたりは比較的空いています。

とはいえ、近年増えてきてます。期待しすぎないように。

場所はコチラ。

都営新宿線 篠崎駅から徒歩15分

帰りは混雑しているのでご注意を。

屋台情報

江戸川区花火大会メイン会場の付近には屋台はありません。混雑によるトラブルを防ぐためです。よって、各駅からメイン会場へ向かう途中の屋台にありますのでそこで済ませてください。

江戸川区側の屋台

篠崎駅、小岩駅、江戸川駅の周辺とメイン会場の途中にあります。

屋台、もしくはコンビニ露店で済ませてから会場へ足を運んでください。

ただし混雑ゆえなかなか買いたいものをすぐ買える状態ではないので、屋台にウエイトを占めている方は時間をずらして行ったほうが良いかも。

市川市側の屋台

屋台は市川市側の方が充実しています。

江戸川区側と同じように、メイン会場へ行く途中にあります。

市川駅、本八幡駅、国府台駅にあります。

ただし、市川市に関しては土手沿いにも屋台がズラーと並んでます

屋台商品はコチラ。

たこ焼き、やきそば、じゃがバター、お好み焼き、イカ焼き、焼き鳥、フランクフルト、きゅうりの一本漬け、からあげ、チーズボール、あんず飴、カキ氷

食べ物だけでなく、おもちゃやお面、くじ引きなどもあります。

会場には何も無いので、買い溜めしながら会場へ向かうと良いでしょう。

まとめ

市川市は合同主催というだけあって屋台は江戸川区よりも多いですが、人の往来が激しいのでご注意ください。

年々、ゴミ問題も大きくなっています。屋台で食べた後のゴミは適切な対応をしましょう。

あと、行き以上に帰りの混雑は大変です。甘く見てはいけません。

長距離長時間の帰宅は避けられないところがあり、さらに暑さもあるので体力は思った以上に消耗します。なるべく動きやすい恰好で水分補給を忘れずに。

スリや置き引きも多発しております。お気をつけて。

関連記事

江戸川区花火大会2018!時間、混雑ぶりと交通手段を解説

同日開催の花火大会はこちら

江戸川区花火大会2018!時間、混雑ぶりと交通手段を解説

江戸川区花火大会2018!打上げ数や内容、穴場、屋台を解説

同日開催の祭りはこちら

八王子まつり2018!圧倒的な内容は充実満点!

八王子まつり2018!交通規制、混雑、屋台をチェック

スポンサーリンク

シェアする

error: Content is protected !!