大曲の花火2018!見どころ、会場アクセスをチェック!

大曲の花火2018!見どころ、会場アクセスをチェック!

2018年8月25日(土){雨天決行、荒天時の日程は未定}

第92回全国花火競技大会「大曲の花火」2018の開催日です。

この花火大会は名前の通り、花火師たちが日本一を競い合う競技大会です。

数ある花火競技大会の中で内閣総理大臣賞が与えられるのはこの「大曲の花火」と「土浦全国花火競技大会」の2大会のみである。

関連記事

土浦全国花火競技大会2018!見どころ、穴場、混雑ぶりをチェックしよう

大曲の花火2018!穴場スポットと混雑予想をチェック!

さらに経済産業大臣賞、文部科学大臣賞、中小企業庁長官賞、観光庁長官賞など、錚々たる賞が準備されていることからも分かる通り、最高の権威を持った誉れ高い競技大会なのだ。

また、平成の日本三大花火大会の1つとしても数えられている。

この「大曲の花火」には他の競技大会にはない「昼花火」の競技大会がある。

全ての花火大会の頂点に君臨するのが当大会である、と言っても過言ではない。

時間:17:30~18:15(昼の部)、18:50~21:30(夜の部)

花火打ち上げ数:8000発 

打ち上げ場所:秋田県大仙市 大曲花火大橋付近雄物川河畔

動員客数:74万人

スポンサーリンク

全国花火競技大会「大曲の花火」の見どころ

花火師たちは「昼花火」「10号玉」「創造花火」の3部門で競技します。

観客用にも用意された花火「ワイドスターマイン」必見です。

国内唯一!昼の部「昼花火」

昼といっても17:30ですが、夏のこの時間はまだかなり明るい。

昼に行う花火大会は当大会だけです。

そもそも昼花火というのは、運動会や祭りの時のように大会の開催を知らせる「ドン!」という号砲、音花火のことです。

こんな感じに音と様々な色付きスモークで、形と色を駆使した演出を競い合います。

空が明るいだけに、極めて手の込んだ技術が必要になります。

夜の部「10号玉」

各花火師たちは、10号玉を2発セットで打つルールとなっている。

一発目は開いた花火が三重芯以上であること。

二発目は1発目と重複しない自由創造的なものであること。

これらの総合点で評価されます。

花火師たちのアイデアと腕の見せどころですね。

夜の部「創造花火」

花火と言えば一般的に丸形を思い浮かべますね。

そんな固定概念すら取っ払って従来の丸型ではない創造花火を競い合います。

とはいえ、近年の花火は本当に趣向が凝らされていて、小さな花火大会ですら、蝶の形した花火やドラえもんの形をした花火まで出現しております。

そんな奇想天外な競技花火大会はこの「大曲の花火」が発祥で、その技術はここから広がったと言われています。。

1964年(昭和39年)から取り入れられているそうです。まさかそんな昔から行われていたとは驚きですね。

一流花火師たちのここでしか見られないアートな花火が楽しみですね。

圧巻の「ワイドスターマイン」

大会提供花火「ワイドスターマイン」は音楽に合わせた斬新極まる花火が登場します。

なんとこの花火は大曲花火協同組合青年部が1年の時をかけて製作するそうです。

打ち上げ方も様々な趣向が凝らされており目が離せないド派手さが特徴。

打ち上げ時間は7分ぐらい続きますが、見とれ過ぎて時間を忘れるでしょう。

スポンサーリンク

花火打ち上げ場所と会場、有料観覧席

秋田県大仙市  雄物川右岸河川敷 (大曲花火大橋下流)

広い河川敷を利用して設置されます。

会場/有料観覧席

「大曲駅」から会場までは徒歩25分。しかしこれは通常の計測なので、大会当日は人が多いのでもっと時間がかかると思ったほうが良いでしょう。

会場は打ち上げ場所の川を挟んだ対面です。

有料観覧席はその一角にあります。

日本最高峰の花火を是非間近でご覧ください。
世の中でこれ以上の有料席は存在しませんよ。

A席:23,000円(6名まで利用可)1マス
C席:15,000円(5名まで利用可)1マス
イス席:3,000円(1名)1席

川沿いならではの注意!

ズバリ!です。

虫刺されや虫よけスプレーはマストです。

それでも気休めにしかならないですが、なるべく長ズボンや長袖を着用したほうが良いでしょう。

特に酒を飲むと蚊に刺されやすくなるといいます。

ご注意を。

まとめ

毎年趣向が凝らされるこの花火大会は他の花火大会とは一線を画す。

何気ない1発の花火でも、その裏には花火師たちの血の滲むような努力があるのだと改めて認識させられる花火大会でもあります。

こういう切磋琢磨しあえる場があるからこそ日本の花火はここまで昇華できたのであろう。

花火師たちとスタッフたちに感謝ですね。

当大会の花火が全国に広がると思うと、来年もまたどこの花火大会でも面白く感じます。

今後も楽しみですね。

関連記事

土浦全国花火競技大会2018!見どころ、穴場、混雑ぶりをチェックしよう

大曲の花火2018!穴場スポットと混雑予想をチェック!

スポンサーリンク

シェアする

error: Content is protected !!