松坂大輔の嫁・柴田倫世が教育ママ過ぎた話

松坂大輔の嫁・柴田倫世が教育ママ過ぎた話

松坂大輔の嫁・柴田倫世さん。

柴田倫世さんは現在、ボストンで子供3人とセレブな別居生活を続けているとの事。

2015年に松坂大輔がメジャーから帰国し、ソフトバンクへ入団してから現在までずっと。

松坂大輔はいまだ単身赴任の状態。そのことで世間から嫁・柴田倫世への視線はかなり批判的。

スポンサーリンク

柴田倫世は子供の教育が最優先か?

批判の根底

野球選手の嫁は夫をフォローして当たり前

世間的にこの風潮が根強く、特に日本人の美徳感覚からすれば別居なぞ言語道断的なところがあります。

ましてや松坂大輔の功績は大きく、メジャーリーグで活躍した日本人、ワールドベースボールクラシックなど、日本に大きく貢献した英雄なので尚更です。

世間から見たら、そんな松坂大輔の低迷は単身赴任が原因だと思われ、その矛先は嫁・柴田倫世へも向けられます。

野球に詳しく、松坂大輔を追い続けてきた人からすれば、嫁の別居は理由にはならない。松坂本人の問題であることは明白です。

しかし、そうでない人から見れば、夫が苦しんでいるのに嫁は付いてこず、しかもボストンで悠々自適なセレブな生活を送っている、となればヒガミも入って批判は倍増するのも無理はありません。

もし松坂大輔が仮にうまくいっていたとしても、嫁・柴田倫世への目線は変わらないでしょう。

著名人を夫に持つというのはそういう事です。それがかつて一世を風靡した人物であればあるほど、低迷した時のその反動は大きくなります。

今回の松坂大輔の件は、まさに典型的なパターンと言えます。

柴田倫世の教育ママ理念

今、松坂大輔は人生で最も大きな試練「無職」を乗り越えねばならない人生の岐路に立っています。

かつて英雄だった夫がもがき苦しんでいるにも関わらず、それでも、嫁・柴田倫世は動かず。

理由は、

子供たちを国際舞台で活躍できる人間に育てたい

この一言はとてもシンプルで全てを物語っています。

ボストンはアメリカ・マサチューセッツ州の州都。

マサチューセッツ工科大学、ハーバード大学など、世界有数の大学が多いことでも分かるように、ボストンは天才を育て、各界のリーダーを輩出してきた知的学術都市です。

完全に教育ママと化した柴田倫世からすれば、ここボストンは理想郷。

離れたくない気持ちもよく分かります。

これがボストンです。すごい大都市ですね。そしてオシャレだ。

完全に映画の世界です。ここに立っているだけでモチベーションが上がる気がします。

ある意味、ここでの子育ては教育ママの最高到達点とも言えるのではないでしょうか。

もちろん人それぞれ価値観はありますけどね。

柴田倫世とボストンは一蓮托生?

松坂大輔は2007年にボストン・レッドソックスへ移籍と同時に嫁・柴田倫世と子供(当時は1人)を連れてボストンに移住しました。

その後、家族での暮らしは新たに2人の子供を授かり5人家族となった。

これまでのボストンでの子育て生活は嫁・柴田倫世にとって最高の教育環境だった。

松坂大輔がニューヨーク・メッツへ移籍した時も付いて行かず単身赴任させていたところから、柴田倫世はアメリカではなく、ボストンに執着があったとみえます。

柴田倫世自身、慶応大学出身なのでエリートの類ではあるが、ボストンの教育環境に慣れた今となっては日本の教育環境がレベル低く見えたのかもしれません。

ましてやボストンから福岡市ともなればその差は歴然。

上を見たらキリがありませんが、そこに入ってしまったら意地でも落ちたくないと思うのも人の性。

・・・分かる気がします。

スポンサーリンク

桁外れな生活レベル

芸能人だった教育ママはほぼ全員と言っていいぐらい子供に桁外れなエリート教育を受けさせてますが、その中でも柴田倫世の子供への教育費は群を抜いてます。

長女12歳、長男9歳、次女7歳。

3人の年間教育費1000万円。学校だけでなく習い事もバレエやフィギュアスケートなど、高額なものばかりです。

さらに家賃も1カ月400万円するという贅沢ぶり。

すごいなー。メジャーリーガーの家族の生活って感じですね。

もうメジャーリーガーではないが、この生活に慣れちゃうと、そりゃあ意地でも離れたくないわな。(笑)

子育てと共働き、この両立の難しさに頭を悩ませている庶民からすれば、柴田倫世の行動に批判的になるのも無理はありませんね。

どうやってこの生活を守り抜く?

しかしそんなセレブ生活も夫・松坂大輔の稼ぎがあればこそ可能な継続。

ソフトバンクを退団した今となっては今ある資産でやりくりせねばならない。

しかしそれもいつか限界は訪れる。

その時、柴田倫世はどのような判断を下すのか。

世間では離婚するのでは?と囁かれていますが、子供の高度教育を第一に考える柴田倫世からすれば離婚だけでは何の解決にもなりませんね。

どっかの金持ちと再婚しない限りチト厳しいのでは?・・・。

さて、いったい何を一番に取るのでしょうか?

ちなみに

2012年にこんな本を出版されていましたね。

こんなんとか。

今考えると、この時が松坂家の全盛期で、何かもうまくいっていたから出た余裕の表れでしょうね。

今となってはこれらの書物もキレイごとにしか見えない。(汗)

まとめ

平成の怪物、松坂大輔もやはり人間だし、スポーツ選手は栄枯盛衰がはっきりしている職種。

野球選手の低迷はいつか必ずやってくるものだし誰もが分かっている事でしょう。

だけど、セレブな生活というのは一度味わうと恐ろしいものですね。もう戻れないのでしょう。

子供の教育のため、とは言うが親の愛情と自己満足の線引きが曖昧なところでもあります。

松坂大輔もソフトバンクでは散々な成績だったため批判が相次いでますが、それでも現役にしがみ付いているのは家族のため、子供たちの養育費のため、という感じもしますね。

これってサラリーマン的な考えで、プロ野球選手としては志が低い。

そこを小さくしないよう大きく修正できる唯一の存在が嫁であり、子供たちなのでは。

松坂大輔が家族と普段から直接触れ合える環境だったら、ソフトバンクでの成果はもっと違っていたような気がします。

なんにせよ、家族が離れ離れで暮らす、というのはいつしか心にも距離感が生じそうです。


芸能人ランキング

にほんブログ村 芸能ブログへ

スポンサーリンク

シェアする

error: Content is protected !!