岡崎城下家康公夏まつり2018花火大会!打ち上げ場所、交通規制、混雑をチェック!

岡崎城下家康公夏まつり2018花火大会!打ち上げ場所、交通規制、混雑をチェック!

2018年8月4日(土){荒天時は8月5日(日)}

第70回岡崎城下家康公夏まつり 花火大会2018の開催日です。

徳川家康の生誕地、愛知県岡崎市。

岡崎市は三河花火の本場。1818年、江戸時代・岡崎藩で花火大会が行われた記録もあるほど。

岡崎市になって第1回花火大会が行われたのは昭和23年8月16日。

以来、規模的に全国レベルとして有名な花火大会となった。

岡崎市の中心部を流れる乙川河畔で花火は打ち上げられ、川面には2艘の鉾船が浮かび、岡崎城をバックに花火が上がる。

ド迫力な花火と風流な景色、100以上の夜店もあり、満足度100%のお祭りです。

開始時間:18:50

終了時間:21:00

場所:愛知県岡崎市 乙川河畔、矢作川河畔

打ち上げ数:非公開(例年20000発)

動員客数:50万人

スポンサーリンク

岡崎城下家康公夏まつり

花火大会以外にも毎年恒例の夏まつりも開催されます。

五万石みこしや長持ち練りこみなど、岡崎市全体が祭りモードで非常に盛り上がりますよ。

日時:7月27日(金)・7月29日(日)と8月1日(水)~5日(日)

会場:こども自然遊びの森 わんPark(額田)、イオンモール岡崎、岡崎公園(多目的広場、岡崎城天守閣前)、カクキュー八丁味噌の郷、籠田公園・伝馬通

花火大会は心して行くべし

この花火大会はそこらへんの花火大会よりも入念な下調べをしてからのほうが良いでしょう。

混雑具合でいけば愛知県No.1かもしれません。

なので交通機関や会場については事前にチェックしておいて、少しでもスムーズに動けるようにしましょう。

花火大会の打ち上げ場所

打ち上げ場所は「乙川河畔(殿橋下流)」「矢作川河畔」2か所です。

乙川河畔(殿橋下流)

矢作川河畔

岡崎城下家康公夏まつりの交通規制

かなり大規模な交通規制となり、会場周辺の道路は車両通行止めです。

規制枠の外側も渋滞しますので、自動車での通行はやめた方が良いです。

交通規制の時間:17:00~22:00

臨時駐車場

臨時駐車場も列記しておきます。

しかしすぐに満車となりますので早めに行ったほうが良いでしょう。

名神橋公園

収容台数:約350台

利用可能時間 10:00~23:00

場所:岡崎市上六名1丁目

岡崎市役所東駐車場

収容台数:約270台

利用可能時間 10:00~23:00

場所:岡崎市十王町1丁目

岡崎市役所西駐車場

収容台数:約250台

利用可能時間 10:00~23:00

場所:岡崎市十王町2丁目

岡崎中央総合公園

収容台数:約1500台

利用可能時間 10:00~23:00

場所:岡崎市高隆寺町字峠1

竜美丘会館

収容台数:約90台

利用可能時間 17:00~23:00

場所:岡崎市東明大寺町5-1

コインパーキング

周辺にはコインパーキングが点在しますが、当然すぐに満車となります。

東京とは違って車生活な土地です。
自動車所持率が高いのでいくら駐車場が多くてもすぐに満車になります。

帰りは一斉に帰宅ラッシュなので場所によってはピクリとも動きません。

一般道も高速道も渋滞必至です。

出来る限り公共交通機関を使いましょう。

スポンサーリンク

鑑賞エリアへの電車アクセス

主に乙川会場と矢作川会場の2か所に分かれます。

乙川会場のほうが混みます。

帰りの電車はどの駅も満員です。ぎゅうぎゅう詰めは必至です。

乙川会場

ここはほとんどが有料桟敷席になっているためフリーで観る場所を確保するのは難しいでしょう。

有料だけあって、仕掛け花火を間近で見る事ができて屋台での飲食も便利です。

名鉄名古屋本線 東岡崎駅または岡崎公園駅 徒歩10分

愛知環状鉄道 中岡崎駅 徒歩10分

矢作川堤防東側

こちらは比較的混雑は緩いです。しかし屋台はほとんどありません。食べ物、飲み物は持参して行きましょう。

ここは乙川河畔と矢作川河畔、両サイドの打ち上げ花火を鑑賞できる最高のスポットです。

名鉄名古屋本線 岡崎公園前駅 徒歩10分

愛知環状鉄道 中岡崎駅 徒歩10分

矢作川堤防西側

ここは矢作川河畔からの花火だけしか鑑賞できません。

こちらも屋台はありませんが、鑑賞場所に困ることはありまません。

名鉄名古屋本線 矢作橋駅 徒歩15分

会場から遠くても良いならここが穴場スポット

車が前提条件となりますが岡崎中央総合公園前の展望スペースから見ると良いでしょう。

駐車場台数:5400台

会場から遠いため屋台や祭りは楽しめませんが、行きと帰りの渋滞を避けることができるので、特に帰りはスムーズです。

とは言ってもそれ狙いで来る人も多いので帰りの駐車場出るまではちょっと混みますが、会場よりは遥かにスムーズです。

まとめ

岡崎の花火大会はその混雑ぶりに嫌気があって、行きたくても行かない人も多くいます。

規模の大きい花火大会ですが、それだけ行き帰りはサバイバルな祭りです。

会場は駅から比較的近く、交通の便は良いほうではありますが、東京みたいにたくさん路線があるわけではありません。

花火大会当日の帰りは臨時運行も出ますが、混雑は終始覚悟したほうが良いでしょう。

打ち上げ時間も2時間ぐらいたっぷりあるので結構体力を使います。フルで楽しみたい人は水分補給と行動に計画性を持ちましょう。

お気をつけて行ってください。

徳川繋がりの祭り

深川八幡祭り2018!屋台、ルート、交通規制をチェック!

スポンサーリンク

シェアする

error: Content is protected !!