名古屋まつり2017開催!イベント・会場・交通規制・混雑など

名古屋まつり2017開催!イベント・会場・交通規制・混雑など

2017年10月21日(土)、22日(日)

第63回 名古屋まつり2017の開催日です。

名古屋最大規模のお祭りです。

その人気は凄まじく、名古屋まつりの観客数は例年200万人前後といわれています。

名古屋市の人口が約230万人なので容易に想像がつきますね。

当日は多くの人でごった返すので、ここは慎重に計画を練って、イベントの内容や場所、交通規制からくる混雑などをチェックしておきましょう。

関連記事

名古屋まつり2017開催!三英傑と行列の見どころ・ポイントはここ!

名古屋まつり2017開催!無料で入場できるのはこの日だけ!施設を紹介!

スポンサーリンク

会場・イベント

「名古屋まつり」は行列やパレードだけではありません。各所で様々なイベントも行われております。

ステージでの歌や踊り、ブース体験、作品展、もちろん屋台もあります。

その辺をご紹介します。

久屋大通公園会場(時間 11:00~20:00)

久屋大通公園は縦に長く、複数の広場に分けられています。

その中でもメインとなるのが久屋広場、エンゼル広場、もちの木広場です。

名古屋まつり開催期間はそれらの広場を3英傑の城下町と称して様々なイベントが行われています。

気になるイベントがあればハシゴして見てみよう。

豊臣秀吉城下町(久屋広場)

21日:鈴木ちなみさんトークショー。

22日:BOYS AND MENのステージ出演。

・「にっぽんど真ん中祭り」演舞。

・名古屋めし、名古屋名物グルメブース、各種体験ブースなど。

・名古屋おもてなし武将隊、各地ご当地武将隊、忍者隊による舞台。

徳川家康城下町(エンゼル広場)

・キッチンカースタジアムにて食をお楽しみ。

・名古屋おもてなし武将隊が「菓子まき」を行います。

・ご当地アイドルたちの歌と踊りのステージ。

織田信長城下町(もちの木広場)

NAGOYA学生EXPO2017

時間 11:00~20:00(22日は19:00まで)

・学生主催のステージパフォーマンス、体験型ブースなど。

オアシス21会場(時間 11:00~20:00)

複合施設・オアシス21でも様々なイベントやブースが盛り沢山。

名古屋の魅力体験ステージ

・映画の上映会、観光大使のライブ。

名古屋なんて、だいすき広場

・缶バッジ製作体験、各種プレゼントあり。

・東京オリンピック、パラリンピック大会のPRブースなど。

シスターシティ・フェスティバル2017

・名古屋の姉妹友好都市による各国の歌やダンスを紹介。

郷土芸能祭

21日 13:00~15:00「棒の手演舞」迫力ある伝統演舞を披露。

21日 17:30~19:30 「芸能公演」

でらスポ名古屋スポーツコーナー

・名古屋拠点のトップ・スポーツ・チーム13チームの魅力とスポーツの楽しさを紹介。

「第20回アジア競技大会」PRブース

・2026年名古屋で開催される第20回アジア競技大会のPR。缶バッジ製作体験などお子様も楽しめる。

A wonderful journey

今年4月に日本初上陸したレゴランド・ジャパンによるキャラクターのダンスやショーを披露。

スポンサーリンク

名古屋城会場(9:00~16:30)

名古屋城でも会場が設置されています。

観光がてらにいかがでしょうか。

・伝統芸能、武道、モノ作りにちなんだイベントを開催。

・甲冑試着体験あり。

テレビ塔2F、テレビ塔下広場

・写真とジャズのコラボレーションライブが行われます。

ロサンゼルス広場、シドニー広場

・ワイン、食、ダンスで森の中を楽しもう。子供から大人まで楽しめる。

各会場広場MAP

上記の会場となる広場をMAPにしました。

名古屋城会場も割と近いのでお立ち寄りください。

久屋大通公園の西側は主にショッピング街として有名なお店がたくさんあります。

気分を変えてそちらに立ち寄るのもいいかもですね。

交通規制・混雑

大規模なお祭りなので交通規制が行われます。

名古屋中心街をはじめ主要道路は封鎖されますので、公共交通機関のご使用をおすすめします。大渋滞必至です。

公式HPのPDFが分かり易いです。コチラをどうぞ。

イベント会場も多くの人で賑わいますが、郷土英傑行列を見に行く人も多く、商業施設へ流れたりもするので人出は分散します。

特に栄交差点で行われる合戦演舞の時間帯になると人出はそちらに流れますのでイベント会場は比較的穏やかな傾向です。

まとめ

名古屋屈指のおまつりなので、ステージやブース会場にも力を入れています。

ご当地アイドルはこういう時ぐらいしか直接見ることは無い人も多いでしょう。

テレビ越しでは伝わらないボルテージの高さを味わってみてください。縁が無い人も意外と引っ張られますよ。(笑)

この久屋大通公園は南北に約2kmにわたる都市公園で、「にっぽんど真ん中祭り」をはじめ年中多くのイベントに使われる馴染みの場所。

さらに久屋大通公園の西側は名古屋の顔とも言えるぐらいの商業施設の集中ゾーンです。

東急ハンズ、三越、ラシック、松坂屋、パルコなど、お祭りじゃなくても楽しめるところがいっぱい。飲食店も数多いです。

ちなみにこの辺の道は中日ドラゴンズの優勝パレードのルートとしても使われます。

「名古屋まつり」は非日常の名古屋を味わえる街全体のお祭り。

日常の疲れやストレスから解放されますよ。

是非、足を運んでみてください。

関連記事

名古屋まつり2017開催!三英傑と行列の見どころ・ポイントはここ!

名古屋まつり2017開催!無料で入場できるのはこの日だけ!施設を紹介!


季節の行事ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

error: Content is protected !!