ふじさわ江の島花火大会2018!見どころと観覧スポットをチェック

ふじさわ江の島花火大会2018!見どころと観覧スポットをチェック

2018年10月20日(土){荒天時は21日(日)に延期}

ふじさわ江の島花火大会2018の開催日です。

江の島をバックに打ち上げられる花火はとてもロマンチックです。

「ふじさわ江の島花火大会」は湘南の秋のシンボルとして定着しています。

また、花火大会の全国人気ランキングでは堂々の3位を誇るほどの支持率です。

花火大会としての規模は小さい方なのに圧倒的な人気を得ています。

開催時間:18:00~18:45

打ち上げ場所:片瀬海岸西浜

打ち上げ数:約3000発

観客動員数:85000人 (昨年は中止)

スポンサーリンク

ふじさわ江の島花火大会の見どころ

何と言っても2尺玉の大型花火が打ち上げられることです。

2尺玉といえばかなり大きく直径60cmもあり重さは70kgもあります。

打ち上げ高さも当然高く500mぐらい上がります。そして打ち上げ開花直径は480mもあります。

そのあまりにも大きい花火に誰も驚きを隠せません。圧巻すぎます。

江の島をバックにしたスターマインも見逃せません。あまりの美しさにこれまた釘づけです。

全国人気ランキング3位の実力は規模こそ小さいが伊達じゃありません。

場所が湘南というのも大きなアドバンテージですね。

打ち上げ場所と有料席、無料スポット

有料席は上図、境川河口左岸にパイプ椅子が用意されております。

価格:2500円

販売席数:2500席

入場時間:16:00から

チケットは1人10枚まで購入可能。

チケット販売開始日:2018年9月1日(金)8:30から。

詳しくはコチラ

コンビニ、電話、チケットぴあでも購入可能です。

もちろんすぐに完売します。気合入れて頑張ってください。

無料スポットは上図マップの紫のエリアがそうですが、とても混雑しているので場所取りはよほど早く行かない限り難しいでしょう。

なので青のエリアを狙うと良いです。しかしこちらも近年、メジャーになってきているので場所取りはお早めに。

会場へのアクセス方法、交通規制

会場周辺は非常に混雑します。時間に余裕を持って動いたほうがよいでしょう。

公共交通機関:

・小田急「片瀬江ノ島駅」すぐ

・湘南モノレール「湘南江の島駅」徒歩5分

・江の島電鉄「江ノ島駅」徒歩5分

車:

東名高速道路「厚木IC」より国道134号経由で約25km(通常時50分)

交通規制・駐車場

交通規制も入ります。会場周辺は車両通行禁止で大渋滞です。

交通規制時間 17:00~21:00

一般有料駐車場があるのでご利用できますが、帰りは混雑でなかなか出られないのでご注意を。

江の島内の駐車場もご利用できますが、それが満車になると江の島大橋に規制がかかり通行禁止となります。

スポンサーリンク

屋台は?

小田急片瀬江ノ島駅周辺に屋台が集中してます。

ほとんどが飲食系屋台なので、子供が遊べるような屋台は期待しないでください。

10月下旬の湘南は寒いので「もつ煮」がよく売れるそうです。

その他定番メニューも豊富にありますのでご安心を。

トイレ事情

会場周辺に仮設トイレは10以上設置されます。

湘南海岸公園にもたくさん公衆トイレもありますし、割とトイレの数はあります。

江の島内にも公衆トイレはあります。

この辺りは海水浴のメッカなのでトイレは充実してますよ。

まとめ

やっぱり湘南は良い! 憧れる人は大勢います。

イベントも豊富だし、TUBE、キマグレンをはじめとした有名アーティストを輩出し、彼らの作る歌がさらに湘南をそそらせますね。

難点は海岸線を走る車が多く混みやすいこと。それを含めても魅力ある土地です。

江の島は8月にも花火大会を催しているので年に2回も行っています。

それだけ多くの人に愛されているということですね。

10月下旬の湘南はなかなかに寒いです。

防寒に気を付けて花火をお楽しみください。

ふじさわ江の島花火大会を終えたら冬が始まります。

どの季節にも哀愁と青春を奏でるのが湘南の魅力ですね。

スポンサーリンク

シェアする

error: Content is protected !!