行楽日和には子供を牧野が池公園で遊ばせよう

行楽日和には子供を牧野が池公園で遊ばせよう

今日は絶好の行楽日和。

とはいえ、昨日の潮干狩りで金も体力も消耗してもうた(-_-;)

こういう時は、近所の公園へ子供を放牧させてのんびり過ごすことにしよう。

やはり公園は多くのファミリーで賑わっていた。

ボウズらは公園が見えると一目散に駆け出す。

幼児ってのは公園が好きな生き物ですな。

スポンサーリンク


ここの広場に一本だけ枝垂桜が残っていた。

無論、だいぶ散ってはいるがまだまだ華やかです。

そうこうしているうちに、ボウズらは滑り台だのなんだのと遊具で遊ぶ。

ウチのボウズらは5歳と3歳。

次男はまだ目を離せないところはあるが、昔に比べればだいぶ楽になった。

昨日の一時的な強雨のせいか、局所的に泥だらけの地面があったりするのだが、

長男にトラブルの神が降りてきた。

ズルッ!スッテーン!ビチャ!

足を滑らせて泥まみれになり号泣。(あまりの号泣に周りから大注目を浴びる)

帰り際なら良かったのに開始10分でこれか(=_=;)

ところがカミさん、こんなこともあろうかと車の中に着替えが置いてあるらしい(#゚Д゚)オー

長男はしばらくお色直しのためカミさんに連れられて中座。

しばらく次男のお目付け役に。

次男は長男のそんなトラブルつゆ知らず、母親が居なくなったことすら気付かずに、あっち行ったりこっち行ったりと満喫中である。

ローラー滑り台で自分の世界に浸る次男坊。

途中、ようやく2人の存在が居ない事に気付き、名前を叫びだす次男坊ではあるが、目の前の遊具に関心がすぐ移る。

着替えが終わった長男がカムバックして合流する。

ここらでワシはそーとフェードアウト。ちょっとの間、お一人時間をいただく…(((;^^)

しばらくカミさんに任せた。

この公園、なかなか広大で、森林の中もウォーキングコースとして楽しめる。

ちょっと春を感じながら静かに散策しよっと。

桜の絨毯である。風流だ。
奥を上ると展望台があるとのこと。

行ったことあるとは思うが、記憶に無いので行ってみることに。
5分もかからず展望台に到着。

何の景色も見えん。(`_`)ノ゛オイ!

植物、生い茂り過ぎだろ。

あまり時間を取るとカミさんが怒るかもしれんので戻ることに。

合流して皆、腹が減ったから家に帰ろうということになりました。

今日は良い天気だった。

今日、潮干狩りだったら最高だったのに。

天気予報も毎日コロコロ変わるもんで、もはや予報とは言い難い。

スポンサーリンク

シェアする

error: Content is protected !!